SiteMap

名刺作成の際の発注単位について

文房具

名刺がそのビジネスマンお顔になるということもある中、職場や仕事によってその名刺を配る枚数も大きく異なってきます。もちろん、営業職でプロジェクト形式で数多くの企業と名刺交換する場合は常に多くの枚数をストックしておくことがポイントです。しかしながら、社内で仕事をすることがメインで、名刺交換は基本、社内のメンバーとは行わないというルールがあれば、さほど名刺の枚数は必要になりません。

にもか変わらず、名刺の発注に関してはシステマチックに枚数が100枚単位、200枚単位と決まっています。もちろん、こうしたプリントですからスケールメリットで安くなることはわかっているのですが、1年かを通して10枚程度しか利用しない部署やメンバーが200枚単位で発注するとなれば非常にこれはコストパフォーマンスは落ちるのではないかと感じるわけです。

さらに、部署の名前も1年間あれば、多少は変わったりするわけです。名刺が残っているからおいって古い名刺をそのまま使うことはさすがにマナーの面でも問題になってきます。だからこそ、一番の解決策としてはもっと少ない単位での名刺の発注ができるようにすること。結果的にはこの方がコストは下がってくるはずです。

名刺交換

インターネットで注文できる名刺

以前は某会社に行って、名刺の作成を注文していたものですが、今ではインターネットで注文して送ってもらうことができるのです。自由に自分の好きなようなデザインに…

MORE ▶